せたな 事比羅神社

せたなの事比羅神社は3本杉岩がある海岸線がきれいな地にあります。背後の立象山には展望台があり、遠くまで見渡すことができます。

例祭日

9月10日

旧社格

郷社

社殿様式

神明造

由緒

いつ創立されたかは不明だそうです。

北海道神社庁より

 瀬棚郡(現瀬棚町・北桧山町・今金町)草創の神社であるが、創立年月は不詳である。天保9年、松前福山唐津内町の平田与三右ェ門が再建している。明治9年郷社に列し、同年12月に本殿方9尺、拝殿間口5間奥行3間の社殿を御造営、以後人家急増し境内の人馬の往来が激しくなり、境内地として適当でないとして明治25年12月6日、総代、祠掌ら7名の連署をもって隣接地に転社を出願。

 明治28年7月19日許可となり、同年9月10日社殿造営し現在地に遷座した。昭和10年7月28日社殿改築(本殿、幣殿、拝殿、神輿所、神饌所)造営され、今日に至っている。

祭神

丸金が輝いてます

神様

大物主神(おおものぬしのかみ)

鳥居

狛犬

手水舎

境内社

お稲荷様が鎮座しております。

社務所

分かりずらいですが、右側の建物が社務所です。後方の山が立象山、左手の奥から徒歩で上がることもできます。

御朱印

場所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 御朱印をめぐる旅せたな 事比羅神社http://shrine.gyopinosuke.com/setama-kotohira-shr… […]