オタモイ遊園地跡(オタモイ地蔵尊)

オタモイ遊園地とは

明治41年の「蛇の目寿司」開店から、戦時中を経て昭和27年「龍宮閣焼失」まで運営されていた、レジャー施設です。このあたり一帯、がけ崩れも多く、弁天閣が地滑りで流されたり、雪で演芸場が倒壊されたりと、経営も難儀していたようです。

小樽市もその後、レジャー施設として活用しようと、観光道路計画や道路の改修工事など計画されてましたが、遊歩道が整備されるに留まってます。

産業遺産のサイトに載せようと思いましたが、遊歩道の先に「オタモイ地蔵尊」が残されて得ますので、こちらのサイトに記します。

2006年と2014年に大規模な土砂崩れが発生されており、非常に危険です。周りの崖をみても、土砂崩れの跡の白い山肌が見えてますので、どこから崩れてきてもおかしくありません。

海岸線の駐車場へ至る道も、過去には土砂崩れが起きてます。と、いっぱい警告しておきます。

唐門

オタモイ海岸へ降りていく道の途中にあります。かつてのレジャー施設の入り口。元は、JRから見える場所にあったそうですが、この位置に保存されてます。

レジャー施設跡への遊歩道

オタモイ地蔵尊までは2006年の崩落までは自由に行くことはできましたが、閉鎖されております。

オタモイ地蔵尊まで安産祈願で訪れる人がいるようで、連絡すれば案内してくれるそうですが、現在はわかりません。(運送会社が荷物を運んだという実績あり)。

こちらから行けるようですが。。

遠くをながめる

遠くの崖の上に唐門が見えますので、アップしてみます。こんな崖の上によく道を通したものだ。

分かりずらいので、近くにきてしまいました。(さんざん警告している本人が来てどうするんだよ)。

 

隧道を抜けると、龍宮閣跡が見えてきます。と、その眼下。金麟洞を思い出すな。

龍宮閣跡

ここに建っていたなんて、創造つかないですよね。

すぐそばのお堂。

元来た道と、眼下(恐怖心をあおります。)やはり、海が青い。

危険個所

パラパラと石が落ちてきてます。途中もロープしかありません。

160cmも高さがない隧道とお地蔵さん

オタモイ地蔵尊

多くは語りません。ここに住んでいるとか、住んでいたとか。。

双子岩

この先に双子岩があるという噂なので、降りてみましたがよくわかりません。

帰ります

場所

北海道ファンマガジン紹介ページ

かなり詳しく説明されております、ご参考に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 御朱印をめぐる旅オタモイ遊園地跡(オタモイ地蔵尊)http://shrine.gyopinosuke… […]